NPO法人扶桑国際友好医療協会
中国語  日本語
ログイン(会員専用)  お問い合わせ

 FIMAは協会の設立前後を通して、中国国内の医療・看護大学等を中心にプロジェクトに賛同、協力いただける機関を訪問し、 合作事業を開始し、その成果を上げることができました。
 これからの扶桑国際友好医療協会の活動にご期待ください。

■ページ1 ■ページ2 ■ページ3 ■これ以前の活動

■2013年2月 第102回看護師国家試験 宮城県准看護士試験

2013年2月17日、第102回看護師国家試験が大正大学(豊島区巣鴨)において、それに先立つ2月13日、宮城県准看護師試験が東北学院大学泉校舎(仙台市)において実施されました。
 2期生の受験生6名全員が受験、みんな緊張していましたが、夢の実現に向かってベストを尽くすことを期待します。 結果発表は3月に行われます。

第102回准看護師国家試験 大正大学
宮城県准看護士試験 東北学院大学

■2012年8月 病院見学会

2012年8月31日、千葉県鴨川市にある亀田総合病院の見学・就職説明会を実施しました。
同病院はベッド数800を超える日本有数の病院として知られ、2期生たちは真剣な表情で病院の説明を受けていました。
 協会では、基本的にベッド数300以上の地域の中堅病院以上を看護師候補生の就職先と考えています。
こうした病院で数年間看護師としての仕事を基礎から学ぶことが何よりも大切と考えるからです。
早く病院で働けるよう頑張れ2期生!

■2012年3月 第1回飛翔式

2012年3月28日、協会本部事務所で第1回飛翔式が執り行われました。
 本年度は第1期生3名全員が優秀な正式で第100回看護師国家試験と大分県准看護師試験に合格。
4月からは正式にさいたま記念病院(さいたま市)で働き始めることになっています。
 また今年は協会職員である沈卓さんも第105回医師国家試験の難関に見事合格を果たし、4月からは東京女子医科大学附属病院で臨床研修医師として働き始めることが決まっています。
 皆さん、これからが大変ですが、夢の実現に向けて頑張りましょう。
第1期生の活躍についてはこちらもご覧下さい             

理事長夫妻と記念撮影

■2012年2月 第101回看護師国家試験 大分県准看護士試験

2013年2月19日、第101回看護師国家試験が大正大学(豊島区巣鴨)において、それに先立つ2月17日、大分県准看護師試験が別府大学(別府市)において実施されました。
 1期生の受験生3名全員が受験。看護師国家試験の会場には、さわ研究所のさわ和代校長先生が激励に訪れました。みな合格という目標に向けてベストを尽くしました。
 結果発表はともに3月に行われます。             

第101回看護師国家試験 大正大学
大分県准看護士試験 別府大学